Amakioto/ 12月 25, 2018/ 地域のしごと/ 0 comments

今年一年私が担当させて貰った体操教室「じっくりOB会」でクリスマス会をおこないました。クリスマス会と言っても、いつものように体操をしてから持ち寄りのおやつを食べるという簡単な会でしたが、いつものメンバーさんも、お久しぶりの方も楽しくお喋りができて嬉しかったです。

手作りの紅白まんじゅう、珈琲ゼリー、美味しいなしとりんご、その他沢山の持ち寄りおやつはクオリティが高く、皆さんに喜んでもらおうと参加者のみなさんが準備してくれました。私は珈琲をおとしただけでしたが、、冬休みの体操の宿題を作って皆さんに渡しました◎

約一年間、ほとんど毎週同じメンバーの方を対象にクラスをおこなうのは私にとって初めての経験でした。正直最初の方はいつも緊張して、さらにいまいち盛り上がらなかったりして、四苦八苦していました。

でもある時から、「色々教えてくれる体操の先生」であることを辞めました。私の方も高齢者体操は初心者です。更に言うと、皆さんの方が人生の大先輩で教わることが多いのです。私がこの教室を取り仕切るのではなく、「皆でこの教室を創っていく」という意識に切り替えてから、とても良い雰囲気になっていきました。

今じゃ、やりたい放題試させて貰っています。シュルティーボックス(インドの楽器)を使って声を出してみたり、ボールを使ったエクササイズを試したり。私はこの教室で「イケる!」と思った方法を他の場所へ持っていっています。なので、ここに居る皆さんはメソッド開発の仲間でもあるのです。凄いことですね。

来年もどうぞよろしくお願いしますね!

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*