KAORI ITO BIOGRAPHY

1980年生まれ。千葉県出身。ダンスカンパニー『time and locus』 『輝く未来』の所属を経て、2010年よりフリー。ダンスのみに留まらず演劇作品、映像作品にも参加する。これまでダンサーとして高野美和子、伊藤キム、off-Nibroll、GRINDER-MAN、白神ももこ、ジェコ・シオンポ、越田乃梨子等の作品に出演。2011年より本格的に創作活動を始め、JCDN主催「踊りに行くぜ!セカンド」に選出され、仙台、鳥取、東京にて「uRu・guLA!!」を発表。2012年よりダンスプロジェクト『アマキオト』を主宰。これまで劇場以外の空間からテーマを紐解いて独自の振付方法を模索する“ダンスの実験シリーズ(2012~2014)”を行って来た。代表作「四角形のゆううつ~デュオバージョン~」が横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠにて奨励賞を受賞。2015年より多田淳之介演出の東京デスロックに所属し、劇団公演をはじめ日韓共同制作「颱風奇譚」(2015年)「RE/PLAY ~dance edit.Cambodia」(2017年)など海外での滞在制作、ツアーにも参加し幅広い活動を行っている。また、近年では日本女子体育大学ダンスプロデュース研究部主催「ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん‘17」にて初の群舞作品「RunsMoon」を振付した。2017年より、東京都国立市にある宇フォーラム美術館を拠点に長期的な創作を視野に入れた「Allegory創作シリーズ」を始動。定期的なアーティスト同士の交流とワークショップをおこない創作の種を丁寧に育てている。

現在、活動拠点を東京から兵庫県神河町に移し、高齢者を中心とした体操指導や【地域×健康づくり×アート】をキーワードに、アーティストをコーディネートしたワークショップイベントを企画している。2019年ソウルダンスセンターレジデンシーアーティストとして滞在制作をおこなう。パートナーの京極朋彦と共に、日韓共同制作「Body Corresponden~身体の往復書簡~」のショーケースを公開。2020年、KAORIITO COVID-19 アーカイブプロジェクトとして「私のリズムはどこ?」をweb上で展開中。

Dancer and choreographer; studied with Takano Miwako and Itoh Kim. Ito has led the Amakioto dance group since 2012. Inspired by ceremonies unique to Japan, she links space and choreography, aiming at painterly dances that slowly work their way into the heart. Received the Encouragement Prize at Yokohama Dance Collection 2016, Competition I.

photo by Chisato Touno

【振付作品】


2021年2月 『Waku』@横浜ダンスコレクション2021横浜赤レンガ倉庫1号館)

2020年9月 『3つの窓』(映像作品)@神楽坂セッションハウス

2019年12月 『身体と言葉の往復書簡』@seoul dance center

2017年5月 Runs moon』 @池袋あうるすぽっと 

3月 『うさぎについて〜序〜』@HAGISO 泉原昭人×伊東歌織

2016年8月 『萩フェス2016』@宗林寺 出演:日比和子・表現hyogen・アマキオト

   2月 『四角形のゆううつ~デュオバージョン~』@横浜赤レンガ倉庫

2015年4月 『黒檸檬』@HAGISO  顔:石田多朗×伊東歌織×pinpin.co×宮武亜希

2014年5月 『四角形のゆううつ』@gallery COEXIST-TOKYO/EARTH+GALLERY

2013年12月 『オカッパテイル』@代官山piate

2012年11月 『アマキオト』@府中uma-merdre

2011年1月~3月 『uRu・guLA!! 』JCDN主催 踊りに行くぜⅡ巡回公演

2009年12月 『奇族 -ララル・ララリラ-』@六本木オリベホール

   8月 『sawasawa』@麻布十番grafオフィス

2008年3月『グルムシ』 @横浜赤レンガ倉庫 輝く未来主催公演

   2月『runs memo』 @熊本県立劇場 

2007年11月『runs memo』 @森下スタジオ 輝く未来主催公演

【ダンサー出演歴】


東京デスロック/多田淳之介

2019年9月「Anti Human Edication」@横浜STスポット

2017年10月「再/生」@横浜STスポット

2017年3月「RE/PLAY(DANCE Edit)」@カンボジア・プノンペン Department of Performing Arts
2017年2月 横浜ダンスコレクション2017多田淳之介新作公演『Choreograph』  @横浜赤レンガ倉 庫1号館3Fホール

2016年「亡国の三人姉妹」(10月 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール)
(11月 アトリエ劇研・四国学院大学 ノトススタジオ)
(12月 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・富士見市民文化会館キラリふじみ)
2016年3月「Peace (at any cost?)」《5 years past from 2011.3 ver.》
(渡辺源四郎商店しんまち本店2階稽古場/富士見市民文化会館キラリふじみ)
2015年10~12月 日韓共同制作『颱風奇譚(たいふうきたん)』(安山アートセンター/南山アートセンター/東京芸術劇場シアターイースト/富士見市民文化会館キラリふじみ)
2015年8月「Peace (at any cost?)」《70 YEARS PAST FROM 1945.8 VER.》(アトリエ劇研/四国学院大学ノトススタジオ)
2015年4月「CEREMONY~新ディレクター就任お祝い ver.)」(アトリエ劇研)
2015年1月「ENTRANCE」  世田谷美術館パフォーマンス・シリーズトランス/エントランスvol.13)

2014年7月「CEREMONY」(STスポット/高知市文化プラザかるぽーと/福井市文化会館)
2014年2月「RE/PLAY (DANCE Edit.)」 (急な坂スタジオホール)

ジェコ・シオンポ 
2014年11月「STAY OR GO」本牧アートプロジェクト

白神ももこ 

2014年11月「フェスティバルトーキョー14/春の祭典」東京芸術劇場プレイハウス

京極朋彦 

2020年9月【豊岡演劇祭2020 フリンジ】京極朋彦ダンス企画 『竹野町 猫町ウォーキング』
2014年3月「幽霊の技法」 HAGISO

off-Nibroll /矢内原美邦
2013年3月「六本木アートナイトオープニングアクト『出港』

GRINDER-MAN 
2012年9月「bow―wow」象の鼻テラス

伊藤キム 
2012年5月「go-on ~からだの森をゆく」京都造形大学

2011年7月「元素 Les elements/権代敦彦(初演)の五大元素ジャン=フェリ・ルベルの四大元素」サントリーホールブルーローズ

ドドド・モリ/新宅一平
2011年3月「目覚めながらくたばり続ける」 セッションハウス

ひょっとこ乱舞/広田淳一
2010年6月「水」 吉祥寺シアター

time and locus/高野美和子
「ハレンチモーション」(2003年4月 STEP UP 21フェス)
「やっかいな夜会」  (2003年5月 PLANET-K)
「恵比寿・倒錯館~梅雨の饗宴~」(2003年6月 五画)
「ハレンチモーション」 (2003年9月 HOT HEAD WORKS)
「匿名トリップ」   (2003年12月  ネクスト・ネクスト4)
「匿名トリップ」(2004年1月 旧バニョレ国際振付賞横浜プラットフォーム)
「オクユキの肖像(2004年2月 横浜ソロ×デュオコンペティション)
「匿名トリップ」(2004年7月トヨタコレオグラフィックアワードオーディエンス賞受賞)
「透きまサロン」(2005年5月 ウエストエンドスタジオ)
「PURE PLAY」(2006年2月 セッションハウス)
「迷宮クリイム」(2007年2月アサヒアートスクエア)
「迷宮クリイム・セッションハウス『4』バージョン」(2007年3月)
「匿名トリップ」(2007年11月 多治見市文化会館)
「匿名トリップ」(2007年12月 スペースDENEGA)
「太陽は眩しい」(2010年10月 日暮里d倉庫)

輝く未来 
「お願い、グロリア!!」(2007年7月 森下スタジオ)
「落ちつけ、グロリア!!」(2007年11月 森下スタジオ)
「グルムシ」(2008年3月 赤レンガ倉庫第一号館)
「0808」 (2008年8月 桜美林大学プルヌスホール)
「0812」 (2008年12月 横浜ZAIM)
「〇〇〇なんてクソくらえだ!!」(2009年3月 吉祥寺シアター)
「一つの作品を二人の照明デザイナーが挑む」(2009年6月ル・テアトル銀座)
「未来のてはじめ THE 新藤歌子!!」(2009年7月 森下スタジオ)
「冬のてはじめ」(2009年12月 森下スタジオ)
「ブチ込ミ、ヤミ鍋、舌ツヅミ」(2010年3月 輝く未来本公演 川崎アルテリオホール)
「ブチ込ミ、ヤミ鍋、舌ツヅミ」(2010年3月 輝く未来本公演 パティオ池鯉鮒)

【映像出演歴】


作家名:津田道子
『The Day After Yesterday』 (2015年4月TARONASUギャラリー個展)
「人カメレオン」(2013年8月テクネ映像の教室)

作家名:越田乃梨子
「遠くの私、側の私」(2012年11月 XYZ collective)
「断続教室」    (2013年5月 EARTH+GALLERY)
「裂ける面、続く線」(2014年3月 テクネ映像の教室ワイプ)
「白昼夢の作り方~極私的映像制作論その2」(2014年5月 EARTH+GALLERY)

【野外/美術祭/イベント出演歴】


2018年3月「空間を奏でる~建築物のための音楽3」旧日本銀行松江支店建築80周年記念ライブ

2015年6月 Torus Vil.『大江戸コスモポリタン!』すみだ川アートプロジェクト2015

5月 Torus Vil. @HIGURE『仮面舞踊の夕べ』

2014年8月 原始感覚美術祭『NAGI PROJECT LIVE』麻倉/海ノ口上諏訪神社

2013年9月 中之条ビエンナーレ『白の差異』 旧廣盛酒造・古川葉子展示会場
7月 『マーブリング!!』アツコバルー 田上允克絵画展