amakioto/ 5月 18, 2020/ お知らせ, 地域のしごと/ 0 comments

夫婦で運営している「京極WORKS」の活動が、18日の神戸新聞に掲載されました!結構大きく紹介して頂けました。ありがたい!!神戸新聞NEXTの記事はコチラ!↓

プロダンサー夫妻が指南 自宅で親子向け体操、動画を公開

兵庫県神河町在住のプロダンサー京極朋彦さん(35)、歌織さん(39)夫妻が、自宅で簡単にできるユニークな体操動画「おうち からだ あそび」を、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。畳2枚分のスペースで有酸素運動、筋トレ、ストレッチを実践。朋彦さんは「家でできる遊びのヒントもいっぱい詰まっている」とアピールする。

朋彦さんはダンサーの傍ら、寺前幼稚園の園児や肥満傾向の小学生にも運動を指導するが、新型コロナウイルス感染拡大で見合わせが続いている。同町地域おこし協力隊員の歌織さんも、高齢者向けの体操教室が開けないでいる。

臨時休校も長引く中、子どもらの運動不足とストレス解消に一役買おうと思案。2人で立ち上げたグループ「京極WORKS」名義で企画し、5分ほどの短編3種類と、約20分の長編1本を収録した。手足を伸び縮みさせたり、体全体を使ってじゃんけんをしたり、遊びながら「呼吸が荒くなるぐらいの運動量」(朋彦さん)が得られる。

投稿は4月下旬に始めた。途中で自由なポーズを挟む場面もあり、振り付けが決まっているダンス指導に比べてアレンジしやすい。動画で紹介する動きを掛け合わせれば、歌手星野源さんが企画した「うちで踊ろう」とコラボして踊れるのだとか。

5月中旬には屋外向けに考案した「どうぶつたいそう」の動画も投稿した。朋彦さんは「親も一緒に体を動かして、ストレスをためないようにしてほしい」と呼び掛ける。(井上太郎)

「どうぶつたいそう」

どうぶつ体操は、完全に私が遊びで作ったものなのですが、、、評判良いです!笑

編集は夫である、京極朋彦が担当しています。

是非、ご覧くださいね。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*